· 

英国研修ツアー ~後半~

 

こんにちは!大船校の橋本です!

 

さて、いよいよ英国研修ツアーの後半戦、英国APDT試験官でもあるリン・バーバー先生によるレッスンです!

 

7/30~8/1の3日間に渡り、リン先生のドッグハウスにてレッスンをしていただきました。

 

 

右の女性がリン・バーバー先生

 

左の男性が旦那さんのヘンリーさんです。

 

1日目はまずはミーティングから始まりました。

 

私たちがこの研修で知りたいこと、学びたいことについて一人一人発表していきました。

 

参加されていた生徒さんたちは、自分のお店を持っている方やトリマーの方、ボランティア活動をされている方、犬関係以外で活躍なさっている方など様々な方がいらっしゃり、色々な話が聞けて、とても有意義な時間になりました。

 

その後は、アジリティのクラスの見学をしました!

 

この日はまだ始めたばかりの方たちのコースでした。

 

リン先生のお庭にあるアジリティコースがこちら!

 

 

羨ましいですね、こんな素敵なところが日本にもあったら、、、

 

この日のクラスはまだアジリティに慣れていないわんちゃんが多く、上手にできない子もいましたが、そんな時でもリン先生はあくまで犬が主体的に動くように導いていました。

 

飼い主さんに対しても常に肯定的で穏やかな態度で臨み、犬だけでなく人に対してもストレスフリーなトレーニング手法だと感じました。

 

2日目は午前は座学と犬との信頼関係の築き方、午後はアジリティをリン先生のスクール犬で実際にやらせてもらいました。

 

 

こちらは座学の様子です!

みなさんとても熱心に聴いていました!

 

 

こちらは社会化のお勉強の様子!

 

向かい合って歩いて、ぶつかる直前でお互いUターンをします。

 

わんちゃん同士の視線が合っても、興奮せずに落ち着いていられるようにするための練習です。

 

 

 

午後のアジリティでは、さすがはアワーウェイの卒業生さん!

 

向こうの生徒さんにも引けを取らない腕前でした!

 

 

ヘンリーさんに促されて、校長先生が参加する一幕も、、、(笑

 

3日目は座学とガンドッグのレッスンを行いました!

 

座学では犬に必要な刺激について、またどのようにしてそれらを犬に与えられるか等を教えてもらいました。

 

動物行動学に則った内容でとても勉強になりました。

 

 

 

こちらはガンドッグトレーニングの様子です!

 

右側の茂みにダミーを隠して、リン先生が遠くから笛や手の動きでダミーの場所に誘導していました。

 

日本では声で「レフト」「ライト」と指示をすることが多いらしいですが、リン先生は主に手の動きで指示をしていました。

 

わんちゃんも指示がでるときはしっかりとリン先生の方をみて確認をしていました!

 

1回につき3個のダミーを探させていましたが、どれも指示に従って上手に持ってくることができていました!

 

 

最後に、リン先生から証書を頂いて全員で記念撮影!

 

リン先生もヘンリーさんもとてもフレンドリーに一人一人の知りたいことについても細かく教えていただき、とても楽しく本場の英国式トレーニングを学ぶことが出来ました!